事業/サービス案内

地質・土質分野

土木・建築構造物基礎地盤等の地盤性状、地下水状況、工学的性質などを明らかにし、総合的なコンサルティングを行います。

地質(岩盤)調査

山岳地等での構造物(橋梁、トンネル、ダム等)や土工(切土、盛土) の設計・施工に地質資料を提供するための地質調査を行います。
土層や岩盤の分布性状、地下水の動向、工学的性質などを明らかにするため、ボーリング・原位置試験・サンプリング等の現地調査および室内試験を実施します。 
 

土質調査

平坦地での構造物(橋梁等)、軟弱地盤、盛土等での地質調査を行います。
調査対象に応じ、各種サウンディング試験や室内試験用サンプリング、孔内水平載荷試験(低圧)、現場透水試験等の原位置試験を行います。

軟弱地盤調査・解析

軟弱地盤上に計画された土木構造物による、地盤変形・安定検討及び周辺地盤への影響・地震時の液状化の可能性等を的確に把握するために、軟弱地盤解析を実施します。 
 

①土層断面図

各種の調査、試験結果から土層断面図の作成や解析・設計を行うための土質定数を設定します。


 

②盛土安定解析

現況を的確に模式化した地盤解析モデルを設定し、安定解析を行います。
解析結果より対策工法の必要性の判定および最適工法の選定を行います。

原位置試験・物理探査

【原位置試験】

支持地盤調査(基礎調査)においては、標準貫入試験を実施します。それに加え、調査対象に応じ、孔内水平載荷試験(低圧~中圧~高圧)、現場透水試験、湧水圧試験(JFT)、ボアホールテレビ、速度検層(PS検層)、密度検層、地下水検層等のボーリング孔を用いた原位置試験を行います。

孔内水平載荷試験(中圧)試験状況
 
 現場透水試験試験状況
 
PS検層試験機器および試験状況 

 

【物理探査】

横断方向や平面的な地下構造の把握の調査の場合には、高密度電気探査、高密度弾性波探査、表面波探査等の物理探査も実施します。