事業/サービス案内

防災分野

自然災害(大規模地震、火山噴火、集中豪雨など)から社会インフラを守るための調査を行い、地質情報を提供します。

災害対応

災害発生時には、迅速に現場対応します。
災害現場は、一刻も早い復旧が求められるため、現地確認の地表踏査、ボーリング計画、ボーリング作業・解析を迅速に行い、地質情報を提供します。

地すべり調査・解析

地すべり調査に際しては、地形・地質・活動状況・降水量等の関連性、すべり面、地下水の状況等を的確に把握し、調査結果から地すべりの原因・機構を解明し、安全かつ最適な対策工の設計を行います。
 

①地表地質踏査

地すべり調査は地表地質踏査から始まります。
地表地質踏査により、地形変状や亀裂状況から、地すべり規模や発生状況を把握します。
そして、滑落崖、側壁、末端部などの状況から地すべりブロック形状を把握し、適切な調査計画(ボーリング計画)を立てます。
 

②地質調査および動態観測

ボーリングによりすべり面粘土および鏡肌の確認をし、すべり面深度を把握します。
孔内伸縮計、パイプひずみ計、傾斜計、自記水位計、移動杭、GPS観測等の観測により地すべりの動きの状況を把握します。
 

③地質平面図、地質断面図

 
各種調査結果から、地質平面図および地質断面図を作成します。
 

④地すべり安定解析

 
作成した地質断面図および観測結果から解析断面図を設定し、安定解析を行い、対策工の検討を行います。