地すべり調査・解析・対策工設計

地すべりの発生には、地質構造と地下水等の素因、降雨・融雪等の誘因に加え、土木構造物の施工に伴う土工が大きく関わっています。
地すべり調査の計画に際しては、これらの条件を十分確認した上で、地形・地質・活動状況・降水量等の関連性、すべり面、地下水の状況等を的確に把握します。そして、調査結果から地すべりの原因・機構を解明し、安全かつ最適な対策工の設計を行います。

 

地表地質踏査

 地すべり発生状況(地形変状、亀裂状況)を把握し地すべりブロック形状を把握します。
 

地質調査および動態観測

機械ボーリングによりすべり面粘土および鏡肌の確認をし、すべり面深度を把握します。
孔内伸縮計、パイプひずみ計、傾斜計、自記水位計、移動杭、GPS観測等の観測により地すべりの動きの状況を把握します。

地質平面図、地質断面図

 各種調査結果から、地質平面図および地質断面図を作成します。

地すべり安定解析

作成した地質断面図および観測結果から解析断面図を設定し、安定解析を行います。
解析の結果、有効な対策工を比較検討し対策工を選定します。

対策工の設計

 解析の結果に基づき、対策工を設計します。

 
        施工前                  施工後

対策工施工例(押え盛土工)

 
        施工前                  施工後

対策工施工例(横穴ボーリング工)

 
        施工前                  施工後

対策工施工例(護岸工)